eLife for Aga
再診の方
Menu

編集者

目次

    更新日: 2022.06.14
    ED治療薬、バイアグラとは。効果や服用のタイミングを医師が解説

    ED治療薬のバイアグラの効果や使い方、入手方法を詳しく解説します。また、他のED治療薬に関してもバイアグラと比較してどのような効果になっているかまとめています。

    バイアグラとは

    下半身が元気でないと、明るく楽しい夜の生活は送れません。

    しかし近年はストレス社会とも言われ、ED(勃起不全)に悩む男性が増えています。

    年齢とともに勃起力が低下し、セックスを楽しめなくなることに悩む男性も多いでしょう。

    精力剤によって改善できる可能性もありますが、EDは男性機能を改善しなければ解決できないので、ED治療薬での治療が求められます。

    バイアグラは世界で最初に認可されたED治療薬でもあり、知名度は最も高く今も多くの方が利用しています。

    バイアグラの歴史

    バイアグラは世界初のED治療薬として認可され、日本でも承認されて使用が可能になっています。

    研究・開発を行ったのはファイザー製薬であり、アメリカに本社のある世界的な医薬品メーカーです。

    新型コロナワクチンのメーカーとして、最近は多くの人に知られるようになりました。

    1993年にED治療薬としての臨床試験を開始し、1998年にアメリカで認可され、販売・使用がスタートしました。

    日本では、1999年初頭に認可されて大きな話題になりました。

    バイアグラについて

    バイアグラの主成分はシルディナフィルというもので、元々は狭心症の治療薬として研究・開発されました。

    その臨床試験によって患者にペニスの勃起作用が働いていることが分かり、勃起不全に対する効果の試験を本格的に開始します。

    結果、有効性と安全性が確認され、正式にED治療薬として承認されるに至りました。

    バイアグラ以外にも数多くのED治療薬が開発・販売されていますが、バイアグラは服用から効果が表われるまでの時間が短く、使い勝手の良い点が評価されています。

    バイアグラの効果と服用タイミング

    バイアグラは日本でも購入可能になった頃に、大きな話題になりました。

    当初はED治療薬としてはもちろん、精力剤の一つのように思われる傾向にありました。

    実際にEDを発症していない人がセックス前に大量に摂取して体調を崩した、ということもあったようです。

    バイアグラの正しい服用方法と効果を理解したうえでの使用が求められます。

    具体的な効果

    バイアグラの有効成分はシルディナフィルですが、これにはPDE5という性的興奮を抑える成分の働きを阻害する効果があります。

    その働きによって勃起状態を長く維持し、EDを改善させることに繋がっていきます。

    矯正的に勃起を引き起こすというよりも、勃起を持続させることに対する効果が高い治療薬です。

    つまり性欲を高めるわけではないので、性的刺激を与えるものとの併用で効果を高めることも可能です。

    ED改善以外の効果も

    ED治療薬として最も知名度の高いバイアグラですが、その他の効果についても近年は研究が進んでいます。

    男性機能の悩みではED以外に早漏に悩む男性も多いと思いますが、持続時間を長くする効果も期待されています。

    多くの男性は射精後再び勃起するまでに長い時間を要しますが、この時間を短縮する効果もあると考えられています。

    元々狭心症の治療薬として開発されたこともあり、狭心症改善、血流の改善などの効果もあります。

    服用するタイミング

    バイアグラの勃起促進効果を受けやすくするには、服用するタイミングが重要になります。

    バイアグラは服用から30分から1時間程で効果が表われるので、セックスの1時間前くらいに服用するのが最も効果的です。

    水と一緒に必要量を服用しますが、牛乳と一緒に服用すると吸収を妨げることになるので避けましょう。

    グレープフルーツのジュースは代謝を高めてしまうので、こちらも避ける方がよいでしょう。

    バイアグラの副作用

    バイアグラの有効性は知られていますが、副作用についても知っておくことが重要です。

    副作用のリスクを知らずに服用すると体調を崩したり、実際の効果を実感できない可能性もあります。

    バイアグラはPDE5という酵素の働きを阻害することで勃起を持続させていますが、PDE5は働く必要がないわけではありません。

    勃起を維持するということは血流がペニスに集まり続けることでもあり、その弊害として副作用が起こる可能性があります。

    副作用として最も報告が多いのが頭痛で、ほてり、消化不良なども報告されています。

    他に軽い副作用の症状として、軽い動悸、血圧の低下、目の充血、めまいなどがあります。

    皮膚にかゆみがあったり、発疹が出る場合もあるようです。

    この他にも、持病を持つ人にはバイアグラは適していないという報告もあります。

    心筋梗塞、脳梗塞、脳出血の持病を持つ人にはお勧めできません。

    肝機能障害や血圧系の症状がある人にもあまり適していないので、使用には注意が必要です。

    バイアグラ以外のED治療薬について

    ED治療薬と聞くと、多くの人はバイアグラと答えるくらい日本では「バイアグラ=ED治療薬」というイメージが定着しています。

    世界で最初に販売されたのがバイアグラなので知名度が高いのは当然ですが、その後に販売されたED治療薬も高い効果を持つものが多く存在します。

    ED治療薬の効果については個人差があり、実際に使わないと明確な効果の判断は困難です。

    使用感の違いや自分の症状、副作用の有無などで判断するといいのですが、何種類かを使って判断するのも良いでしょう。

    レビトラとは

    日本において、バイアグラに続いて承認を得て販売されたのがレビトラです。

    バイアグラよりも即効性のある治療薬として知られています。

    食事による影響を受けにくい、というメリットもあります。

    勃起時のペニスの硬さ・強さではNo.1という評価を受けています。

    もちろんレビトラにも副作用があります。

    主な副作用は、動悸・頭痛・めまいなどで、一時的にこのような症状が表われることがあります。

    消化不良や吐き気を感じることもあるようです。

    シアリスとは

    現在ED治療薬のシェアで世界No.1になっているのがシアリスです。

    シアリスは、他の治療薬よりも効果が長時間持続するところが大きな特徴です。

    反面、効果はバイアグラ、レビトラよりも比較的マイルドで、勃起を緩やかに促進したい人にお勧めです。

    シアリスの主な副作用としては他のED治療薬同様に、ほてり、頭痛が一時的に起こることがあります。

    他にも、目の充血、鼻詰まりなども起こる可能性がありますが、いずれも軽症で一時的なものがほとんどです。

    シルデナフィルとは

    バイアグラ以外の治療薬として名前を挙げていますが、シルディナフィルはバイアグラの主成分です。

    シルディナフィルは、多くのED治療薬に主成分として使われるもので、ED治療には欠かせないものだと知っておきましょう。

    その他ED治療薬

    日本での知名度はあまり高くありませんが、購入可能なED治療薬もいくつか存在します。

    アバナフィル、ウデナフィル、ミロディナフィルなどの治療薬がありますが、日本の医療機関では取り扱っていないことが多いようです。

    ED治療薬ではいくつかの副作用が確認されていますが、ほてり、頭痛が一時的に起こることが多いようです。

    ED治療薬を服用後に副作用が起きた場合には、医療機関に相談するのが最も適していますが、起きた時の一時的な対応を知っておく必要があります。

    ほてりが起きても人体的には無害なので、慌てる必要はありません。

    室温などを調節して室内環境を整え、身体を冷やすことで症状が軽減されます。

    頭痛が起きた時にも、頭を少し冷やしてあげると症状が和らぐ可能性があります。

    どちらも症状が軽減されない時は性行為を中断して、少し休むことをお勧めします。

    バイアグラの入手法

    EDを発症すると、セックスの時に勃起しないのではないかと悩むようになり、EDの症状が更に悪化することも考えられます。

    その際は、早めのED治療薬によって改善することが求められます。

    バイアグラは日本で承認された治療薬ですので、購入することが可能です。

    ED治療薬の入手

    ED治療薬は多くの種類があり、それぞれに特徴があります。

    自分のEDの症状に合わせて、選んで使用すると良いのですが、入手する方法はいくつかあります。

    一般的なのは、EDの治療を行っているクリニックなどの医療機関で処方してもらうことです。

    入手は比較的容易ですが、コストが高くなるデメリットがあります。

    ED治療薬にはそれぞれジェネリック医薬品がありますので、そちらを処方してもらうと通常品よりも安価に入手することができます。

    バイアグラを入手するには

    バイアグラも他のED治療薬同様に、医療機関で処方してもらうことができます。

    バイアグラにもジェネリック医薬品が存在しますので、費用を抑えたい方はそちらでも有効です。

    他にも、バイアグラは医薬品を取り扱っている通販サイトで海外から購入することも可能です。

    個人でとりあえず試したい時は、この方法も手段のひとつだと言えます。

    eLifeのED治療の流れ

    EDに悩む人は日本でも大勢いますが、症状が症状だけに気軽に病院で治療を受けることに抵抗を感じる人も多いでしょう。

    近年は直接対面で診察を受けるのではなく、オンラインで診察を受ける方式の治療が行われています。

    診察から薬の処方までの一連の流れを、すべてオンラインで完結できるクリニックがeLifeです。

    EDの症状を聞き、適正な治療方法をレクチャーし、薬を処方するまでを移動なく完結できるのは大きなメリットです。

    オンラインで診察

    オンラインで診察を受けることには様々なメリットがあります。

    通常の病気でも他人には知られたくないと考える人は多いですが、EDは特に人には知られたくないでしょう。

    オンラインであればプライバシーは確保できますし、他人に聞かれる心配もありません。

    しっかりと症状について相談しながら、適切な方法と薬の処方が可能です。

    オンライン診療の流れ

    1 こちら[url挿入]よりお客様情報を入力し、事前問診に回答。カレンダーで診療日時・診療方法を選択する。


    2 予約した日時に医師とのオンライン診療を受診する。


    3 決済後、最短即日でお薬をお届けします。

    ED治療薬の投与

    オンラインでの問診の後、治療薬の投与について説明があります。

    バイアグラの場合、eLifeではフィルムタイプのものが処方されます。

    定期購入だと金額的にも割安で、長く服用したい方にもお勧めです。