eLife for Aga
再診の方
Menu

編集者

記事製作者
Kyoka Hayakawa

目次

    更新日: 2022.06.13
    シャンプーで薄毛・抜け毛対策は可能?選び方とより効果的な対策

    薄毛や抜け毛対策に効果的なシャンプーの選び方を、医師の目線から解説します。症状に合った成分や洗い方など悩みのタイプに合うように紹介します。

    薄毛・抜け毛対策、育毛シャンプーとは?

    薄毛・抜け毛の原因はホルモンバランスの乱れ、加齢、遺伝など様々ですが、頭皮環境が悪くなり血行不良などから薄毛になったり、抜け毛が増えることもあります。

    薄毛・抜け毛が気になり始めると何とかして改善できないかと考えるようにもなるでしょう。

    そんなときは、育毛剤・発毛剤などを使ったケアが必要になります。

    発毛剤は新たな髪の毛を生やす効果が期待できますが、育毛シャンプーは髪の毛を生やすものではなく、健康な髪を育てるためのサポートをしてくれる役割があります。

    育毛シャンプーは一般的な薄毛シャンプーに比べて頭皮や髪への負担が少なく、かゆみやフケなどのトラブルを改善できます。

    頭皮への負担が少ないと洗浄力が弱く、汚れをキレイに洗い流すことができないのではと思う人もいますが、育毛シャンプーは余分な皮脂や汚れだけをしっかり洗い流してくれるので、頭皮環境を改善させる効果が期待できます。


    一般的なシャンプーは洗浄力が強く、頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまうことで頭皮環境が悪くなり、髪の成長に必要な栄養を与えることができなくなります。

    頭皮の状態が悪くなると髪の成長に必要な栄養が届かなくなるため、髪のハリやコシがなくなったり、毛根が細く抜けやすい髪の毛になってしまいます。

    薄毛・抜け毛は頭皮を改善させ、髪の成長に適した状態に保つことがポイントです。

    育毛シャンプーは頭皮の環境を整えるだけでなく、髪に必要な潤いを補う成分も含まれています。

    そのため髪にハリやコシを与え、髪の毛の1本1本がしっかりして頭頂部のボリュームがアップするので、頭頂部のぺったんこや、生え際が薄いと感じるコンプレックスも解消できるでしょう。

    薄毛・抜け毛で悩んでいる方は、育毛シャンプーを使って頭皮ケアを行うことがおすすめです。

    薄毛・抜け毛予防・育毛シャンプーの正しい選び方

    薄毛・抜け毛を改善しないといけないと思ったときは、インターネットやドラッグストアなどで商品を探すと思います。

    しかし、いざ購入しようとしても種類が多すぎて、何を選んだらいいのか分からないという人は意外と多いようです。

    ・医薬品、医薬部外品、化粧品

    育毛シャンプーは、医薬品と医薬部外品、化粧品に分けられています。

    インターネットやドラッグストアなどで育毛シャンプーを購入する際は、大半が医薬部外品または化粧品です。

    医薬部外品よりは医薬品の方が高い効果を期待できるので、医薬品を取り扱っているサイトもしくはドラッグストアにて購入しましょう。

    ・ノンシリコンシャンプー

    種類に関しては「ノンシリコンシャンプー」がおすすめです。

    髪が軽い仕上がりになる、頭皮への刺激が少ないから安心、シャンプーの後に使用する育毛アイテムの浸透力がアップする、というような効果が期待できます。

    髪が軽い仕上がりになるため、頭頂部のぺったんこで悩んでいたヘアスタイルもふわっとさせることができ、髪にボリュームが生まれて自然なヘアスタイルを実現できます。

    ・洗浄成分

    育毛シャンプーを選ぶときは、裏面に書かれている「配合成分(全成分)」から洗浄成分などをチェックする必要があります。

    育毛シャンプーは一般的なシャンプーに比べて価格も高く、効果が出ないとガッカリしてしまうこともあるので、成分からどんな効果を得られるのかを判断することが大切です。

    洗浄成分によっては洗浄力の強い成分が使用されていることもあるので、より頭皮への刺激が低いアミノ酸系、ベタイン系のシャンプーを選びましょう。

    低刺激でも洗浄力が高く、髪と頭皮をさっぱり洗ってくれる石鹸系は、スポーツをしたときやたくさん汗を掻いたときなどに良いのですが、シーンで分けるのではなく日常的に使える育毛シャンプーを選ぶときは、アミノ酸系、ベタイン系がおすすめです。

    ・ボリュームをアップしてくれる成分

    育毛シャンプーは髪のボリュームをアップさせたいという目的で選ぶこともあるので、髪の毛にハリとコシを与えてくれる成分が含まれているのもポイントです。

    ハリやコシをアップさせてくれる成分としては、「加水分解ケラチン」や「コラーゲン」、「センキュウエキス」や「γ-ドコサラクトン」などがあります。

    健康な髪を育ててくれる育毛促進効果が期待できる成分は、「センブリエキス」や「カミツレ花エキス」、「トウキエキス」なので、ハリやコシを与えてくれる成分と育毛促進効果のある成分が含まれているのかをチェックしましょう。

    薄毛や抜け毛だけでなく、かゆみやフケも多いという場合は「グリチルリチン酸ジカリウム」や「ピロクトン オラミン」が含まれているシャンプーを選ぶといいでしょう。

    シリコンが含まれている育毛シャンプーは泡立ちが良い、ヘアカラーが長持ちするなどのメリットがありますが、シリコン入りを選んでしまうと髪にコシがなくシリコンの重さに耐えられなくなり、頭頂部がぺったんこになってしまうので注意しましましょう。

    頭皮にやさしい正しい洗い方

    シャンプーは髪の毛を洗うというよりも、頭皮についた汚れや余分な皮脂、花粉などを落としています。

    そのため毎日ケアしているつもりでも、正しい洗い方ではないことから、十分に洗浄できていない可能性もあるのです。

    正しい洗い方ができていないと、かゆみやフケなどが発生しやすくなったり、皮脂が毛穴に溜まったりして頭皮環境が悪くなり、結果的に薄毛・抜け毛の症状が出てしまうので注意しましょう。

    シャンプーをする際に、髪の毛をシャワーで濡らしてシャンプーを頭皮の上で泡立たせている方もいるでしょう。

    これでは、シャンプーを泡立てるときに頭皮に大きな負担をかけてしまうことになります。


    頭皮にダメージを与えないようにするためには、髪の根本までシャワーをかけて濡らしておき、洗顔などで使う泡立てネットを使い、シャンプーを泡立ててから使用することがポイントです。

    髪の根元まで髪の毛が濡れていないと、頭皮を洗う際にダメージを与えてしまうこともあり、泡が毛穴の根元までうまく入らなくなることもあるため、シャワーで根元までしっかり濡らしましょう。

    洗顔ネットなどで泡を立てるときは、できるだけ細かい泡を立てることがポイントです。

    泡の立ち方が荒いと毛穴に泡が入らなくなり、毛穴に詰まった皮脂や汚れを取り除くことができなくなるので注意しましょう。

    細かい泡を立てるときは少量づつ水を加えながら泡立てていき、たっぷりの泡で頭皮を洗いましょう。


    頭皮を洗う際は爪でゴシゴシした方が頭がスッキリしてしっかり洗えたと思いがちですが、これは爪で頭皮を傷つけることになり、頭皮トラブルの原因になることもあるので気を付けましょう。

    頭皮を洗うときは指の腹を使うことがポイントです。

    優しく洗い上げた後、頭皮全体をシャワーで泡を洗い流しましょう。

    シャワーを流すときはしっかり泡を落とすことが重要で、シャンプーの成分が頭皮に残ってしまうと、かゆみやフケなどの原因になることもあるので注意しましょう。


    シャンプーした後は、トリートメントやコンディショナーなどを使って髪のケアを行うことが多いと思います。

    トリートメントやコンディショナーは髪につけることが大切です。

    頭皮につけると油分が残り、頭皮トラブルが起こる可能性があるので注意しましょう。

    お風呂上りは自然乾燥にて髪の毛を乾かしているという人もいますが、自然乾燥は生乾きとなっている時間が長くなるので、雑菌が増えてかゆみなどが出ることもあります。

    髪を���かすときはタオルで頭をゴシゴシ拭くのではなく、優しく抑えるように拭きあげながら、タオルドライで髪の毛についた水滴を拭き取ります。

    しっかりタオルドライで水滴を拭き取ることができればドライヤーをする時間も短くなり、頭皮や髪に与えるダメージを減らして、頭皮の乾燥を防ぐことができます。

    シャンプーとあわせて取り組みたい薄毛対策

    薄毛・抜け毛はシャンプーでもある程度の改善はできますが、育毛シャンプーは頭皮の環境を改善させたり、髪にハリやコシをアップさせるものなので、育毛剤を使って頭皮をケアするのであれば、抜け毛防止ケア商品などを使って抜け毛を減らすことがおすすめです。

    薄毛対策としては頭皮用の美容液で頭皮の乾燥を防いだり、発毛剤などで新しい髪が生えてくるようにケアをするのもいいでしょう。

    しかし、自宅でできるケアは限られていて、その方法が自分に合っているのかは分かりません。

    ケアの仕方が自分に合っていなかった場合、長期にわたり育毛シャンプーなどでケアしても効果が出ない可能性もあります。


    効果が出ないと感じた場合は、薄毛専門のクリニックや皮膚科などで相談し、医薬品を用いた治療を開始することをおすすめします。

    薄毛治療に関しては頭皮のチェックや血液検査、カウンセリングなどを行い、一人一人の症状や頭皮の状態などにあわせた内服薬か外用薬を処方してくれます。

    市販で販売されている育毛剤や発毛剤などでは効果があるか心配、使ってみたが全く効果が見られなかったというときは、利用しやすい医療機関を探して、長期的に治療することをおすすめします。

    薄毛・抜け毛はいつから始めるかというよりは、できるだけ早めにケアを始めることが大切です。

    早くから行えば育毛シャンプーなどを使ったケアも楽になりますし、シャンプーでは効果が出なかった場合もひどくなる前に医師に相談できます。



    薄毛・抜け毛には色々な原因が考えられるのですが、頭皮環境が悪くなっている可能性もあります。

    頭皮の状態を整えるためにも、育毛シャンプーを使うことがポイントです。

    育毛シャンプーは洗浄力が高いわけではないのですが、余分な皮脂や汚れだけを取り除いてくれるので頭皮環境が良くなり、フケやかゆみの改善、髪の毛のハリやコシがアップするなど様々な効果が期待できます。

    育毛シャンプーは効果が出るまでに3~6ヶ月と言われていて、長期的にケアをしても効果が出なかった場合は薄毛治療専門のクリニックや皮膚科などを受診し、自分に合う治療法で薄毛や抜け毛の悩みを解消させるといいでしょう。