eLife logo
再診の方
Menu

編集者

記事製作者
Kyoka Hayakawa

目次

    更新日: 2022.06.14
    オンラインで薄毛・抜け毛の治療ができる病院|elifeクリニック

    男性・女性の薄毛・抜け毛の症状はAGA(男性型脱毛症)の可能性があります。AGAの治療は、病院・クリニックの処方を受けないとできないものがあります。お悩みの方はご相談ください。

    薄毛・抜け毛の原因AGAとは

    AGAは男性型脱毛症とも呼ばれ、成人男性に多く見られる脱毛症なのですが、女性は発症しないというわけではありません。

    AGAの症状は生え際や頭頂部の髪の毛が薄くなるのが特徴で、遺伝的な要因が大きいとされています。

    生活習慣やストレス、睡眠不足や男性ホルモンなどから脱毛症になることもあり、食生活などが乱れている場合は、女性でもAGAを発症することがあります。

    AGAは20代以降の男性に多く見られる症状でもあり、年々患者数も増えています。

    現在は全国で1,260万人の人がAGAを発症していると考えられていて、その中で何かしらのケアをしている人は650万人くらいと言われています。


    AGAは進行性で症状を抑えることができなければ、薄毛が広範囲に広がってしまう可能性もあるので注意しましょう。

    AGAだと気づくのが遅くなると抜け毛が増えたり、生え際や頭頂部の髪の毛が薄くなることで悩みが増えて外出するのに抵抗が出たり、帽子が手放せなくなってしまうこともあります。

    抜け毛が増えたり、おでこが広がってきた気がするときには早めに治療することが大切です。

    自分がAGAか判断する方法

    毎日鏡を見ながらヘアをセットしていれば髪の毛が薄くなっているのに気が付きやすいですが、自分でAGAだと確信が持てるようになるまでは期間がかかります。

    抜け毛が増えていても「季節の変わり目だから抜け毛が多いだけだろう」、「きっとすぐに生えてくるだろう」と思うこともあるでしょう。

    AGAだと確認が持てずにいると対応が遅れてしまうので、まずはセルフチェックで自身がAGAであるのかを判断してみましょう。

    ・親族に薄毛の人がいる

    親族に薄毛の人がいる場合は、遺伝が原因でAGAを発症してしまった可能性が高いと考えられます。

    AGAは「テストステロン」が「5αリダクターゼ」によりDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されることで発症するのですが、この5αリダクターゼの活性度は人によって異なり、活性度の高さに応じてDHTに変換されやすくなってしまいます。

    活性度は遺伝子によって親から子へ遺伝しやすいため、家族のどちらかに薄毛の人がいると、その体質を受け継いでしまうことがあります。

    ・産毛のような細い髪の毛が増えた気がする

    髪の毛が太く丈夫であれば毛髪がしっかりしているため抜けにくいですが、産毛のような細い髪の毛は毛根も細いので、シャンプーやタオルドライ、枕などで擦れただけでも髪が抜けてしまうことがあります。

    細い髪が増えたときには枕などに付いている髪の毛をチェックして、細い髪の毛ばかりが抜けていないか確認しましょう。

    細い髪の毛ばかりが抜けている場合は、髪を太く丈夫にしないと薄毛が進行していく可能性があります。

    ・枕元やシャンプーをしたときに抜け毛が増えた

    髪の毛にはヘアサイクル(毛周期)があり、一定の周期で髪の毛が「生え、抜ける」を繰り返しています。

    頭には約10万本程度の髪の毛が生えていて、通常であれば1日に約50~100本の髪が抜け落ちます。

    しかし、薄毛の方はこの本数以上の髪の毛が抜けてしまい、新しい髪も生えにくくなっているため薄毛が進行していきます。

    シャンプーをしたときや起きたときに枕元にたくさんの髪の毛が抜けているなど、継続して続いているときはAGAだと疑った方がいいかもしれません。

    ・前頭部の生え際が少しずつ後退している気がする

    AGAにはいくつかのパターンがあり、生え際が後退していくパターンのM型と、頭頂部から薄毛が広がっているパターンのO型があります。

    O型は頭頂部から広がっていくため、なかなか自分では確認することができないのですが、M型であれば少しずつ進行していたとしても薄毛になっていることを確認できます。

    生え際に変化を感じたときは、AGAが進行している可能性があります。

    ・最近ストレスを感じることが多い

    ストレスを感じると体の中に蓄積されていき、AGAを引き起こしてしまう可能性があります。

    過剰なストレスはホルモンバランスや自律神経が乱れ、頭皮環境が悪化して血流の流れが悪くなり、髪の毛に影響を及ぼすことがあるのです。

    ストレスは溜めこむのではなく、適度に発散させてAGAを予防しましょう。

    ・睡眠不足だと感じる

    睡眠不足についてもAGAの原因となるため注意しましょう。

    睡眠が取れていないと自律神経が乱れやすくなり、髪の毛の成長に欠かせない成長ホルモンの分泌が難しくなります。

    これは結果的に薄毛の状態を引き起こしてしまうので注意しましょう。

    なかなか寝られないときには安眠グッズを使ったり、布団や枕を変えてみる、寝る前にスマホやテレビなどを見ず温かいものを飲んでリラックスした状態で布団に入ると、寝つきが良くなることがあります。

    ・同年代の人と比べて自分は髪の毛が少ない方だと思う

    AGAは年齢が若くても発症してしまうので、20代だから大丈夫だろうと思わない方がいいでしょう。

    同年代の人の髪の毛を見比べて、毛髪が少ない方だと感じたときはAGAを疑った方がいいかもしれません。

    ・タバコを吸っている

    タバコに含まれているニコチンは毛細血管の収縮を引き起こすため、血流が悪くなる傾向があります。

    血流が悪くなるということは頭皮の血行も悪くなり、髪の毛の成長に欠かせない栄養素が滞ってしまいます。

    そのため栄養が足りなかった髪の毛が抜け落ち、ヘアサイクルが乱れてしまうので新しい髪の毛も生えにくい状態になります

    タバコだけでなく、飲酒も髪の毛に悪影響を及ぼすとされています。

    お酒を過剰に摂取すると髪の成長に必要な栄養素がアルコールの分解に使われてしまうため、髪の毛が栄養不足になり、細くなって抜けやすい状態になります。

    この他にも、お酒を過剰に摂取するとDHTが増加する、糖質の取り過ぎで血行不良が起こる、睡眠の質が低下して成長ホルモンの分泌量が減るなど、お酒をたくさん飲む人はそれが原因で抜け毛が増えている可能性もあります。

    個人で対策するのと病院で治療を受ける違い

    セルフチェックの項目で当てはまるものが多かったときは、AGAを発症している可能性があります。

    しかし、確信も持てないのに病院や薄毛専門のクリニックに行くのはちょっと恥ずかしい、と思う人もいるでしょう。

    薄毛や抜け毛などが気になり始めたら、気軽に試せるのが市販で販売されている育毛剤です。

    育毛剤はドラッグストアなどでも手軽に購入できるのですが、AGAの原因によっては育毛剤の効果を十分に感じられないこともあります。

    薄毛の原因は人それぞれで、個人で対策を行ったとしても根本的な治療を行わなければ変化を感じにくく、薄毛が進行してしまうこともあるので注意しましょう。


    まずは自身の薄毛や抜け毛は何が原因で起きているかを知るためにも、病院や薄毛専門のクリニックなどを受診して、根本的な治療を行う必要があります。

    専門の病院で診察してもらえば医薬品の育毛剤や発毛剤、内服薬などを処方してもらうことができます。

    医薬品の育毛剤や発毛剤、内服薬などは医薬部外品のアイテムとは異なり、効果が見込める成分が一定濃度で配合されているため、市販のものよりも有効です。

    皮膚科などのある専門の病院で処方された育毛剤や発毛剤、内服薬などを使って体の内側と外側からアプローチすれば、元気な髪が生えてきたり、薄毛や抜け出などの症状も改善されるでしょう。



    医療機関で治療を受ける場合は、保険は適応外となります。

    AGAの治療法は主に外用薬と内服薬で治療を行い、外用薬は育毛剤や発毛剤などを使った育毛ケア、内服薬はミノキシジルやフィナステリド、プロペシアなどを服用して治療するのが一般的です。

    患者さんの希望によっては注射針を使って、頭部に直接治療薬を注入する施術方法を行うこともあります。

    発症から医療機関を受診するまでの対応が早く、継続して治療を受けることができれば悩みが深刻化するのを防ぐことができ、徐々に元気な髪の毛が増えて薄毛も気にならなくなるでしょう。

    オンラインのelifeでできること

    近年は医療機関へ来院しなくても、オンライン診療にて無料カウンセリングや診察が可能なところが増えていて、「elife」でもオンライン診療を行っています。

    時間がない人や病院に行くのが恥ずかしい人、予約を取るのが面倒だという人にとっても便利ですし、会員登録をして問診票の入力をすれば予約や受付などの手間も省けます。

    オンライン診療には経験豊富な医師が多数在籍していることから、医師と電話やメール、Zoomなどで診療を受けることができ、診察時間は約3分程度です。

    処方された薬は最短で翌日には届きますし、包装もAGAの薬だと分からないようにしてもらえるので、自宅に届いたとしても家族にバレることなく治療を受けることができます。


    elifeのオンライン診療には幅広い発毛プランが用意されていて、ユーザーの発毛実感率が99.1%ということからも、多くの人が効果を実感していることが分かります。

    さらにelifeの料金は初診料や診療代が無料ですし、診断を受けて治療を開始した後はパックで薬を処方してもらえば価格もお得になります。

    AGA治療は効果が出始めるまでに期間がかかるので、安いプランで無理なく治療を続けられるelifeがおすすめです。

    AGA治療は血行促進や頭皮環境の改善など色々な作用があるのですが、治療開始以降に副作用などが見られるときには医師に相談してみましょう。



    薄毛や抜け毛が増えている場合はAGAを疑い、自身でセルフチェックしてみましょう。

    当てはまる項目が多いときはクリニックなどを受診するのもいいですが、周りの人に見られるのが恥ずかしかったり、病院に行くのは抵抗があるという人はオンラインで気軽に診察を受けてみましょう。

    elifeのオンライン診療は発毛効果があると実感できた人が多く、薄毛や抜け毛の悩みを解消できるかもしれません。

    elifeでは様々なプランが用意されていて、月々定額コースや6ヶ月パック、12ヶ月パックなどがあります。


    価格が安い分、無理なく継続的に治療できるので、十分な発毛効果を実感できるでしょう。

    オンライン診療であればわざわざ時間を作って病院に行く手間がなくなり、診療時間はたったの3分程度なので空き時間などにも利用できます。

    薄毛や抜け毛などで悩んでいる方は、elifeへご相談ください。