eLife logo
再診の方
Menu

編集者

記事製作者
Kyoka Hayakawa

目次

    更新日: 2022.06.14
    20代、若いうちの薄毛や抜け毛の原因と対策を紹介

    20代で薄毛・抜け毛にお悩みの方の多くはAGA(男性型脱毛症)の方が多いです。男性・女性に関わらず発症することがあり、早めの対応が重要です。若年のAGAの治療に関して、原因と対策を解説します。

    薄毛・抜け毛の原因AGAとは

    年齢が若いのに薄毛になってきた、と思うようになる大きな原因はAGAです。

    AGAは「Androgenetic Alopecia」の略称でになり、男性型脱毛症とも呼ばれていて、成人男性が発症する脱毛症のことを指しています。

    症状については「おでこの生え際が薄くなる」、「頭頂部の髪の毛が薄くなる」のどちらか、またはその両方です。

    AGAを発症するきっかけは男性ホルモンの一種である「テストステロン」と「5αリダクターゼ」という酵素の結合によって、「ジヒドロテストステロン」が発生します。

    髪の毛には毛乳頭細胞があり、これに「男性ホルモンレセプター」という受容体が存在しています。


    発生したジヒドロテストステロンが男性ホルモンレセプターに取り込まれると脱毛因子の「TGF‐β」が発生します。

    すると、髪の毛が成長期から退行期へと移行させてしまい抜けやすい髪になり抜け毛が増える、というのがAGAのメカニズムです。

    男性型脱毛症は男性が発症するものだと思い込んでいる人もいますが、近年は女性でも男性型脱毛症になることがあるので注意しましょう。

    20代でもAGAになってしまう理由とは

    AGAは中高年くらいからなるものだと思っている人もいますが、20代でもAGAになることがあります。

    生活習慣が乱れていたり、仕事や日常生活などで過剰なストレスを抱えていたり、過剰な男性ホルモンが分泌されると、若い年齢でも発症してしまいます。

    脱毛症になってしまう理由は、大きく分けて4つあります。

    4つの項目から、AGAになる理由について知っておきましょう。

    ・生活習慣の乱れ

    質の良い睡眠が十分に取れていなかったり、偏食や運動不足などは生活習慣が乱れる原因になります。

    髪の毛は食事から必要な栄養素を摂取し、睡眠中に分泌される成長ホルモンの働きによって成長します。

    そのため食事のバランスが偏っていると、髪が育つのに必要な栄養素を補うことができなくなったり、質の良い睡眠が取れなくなることで髪の成長が低下し、抜けやすい髪の毛になります。

    運動不足の場合は頭皮の血行が悪くなり、髪の毛の成長に必要な栄養素を届けることができなくなるので、髪の毛が成長できないまま脱毛してしまいます。

    さらに飲酒や喫煙などでも薄毛になりやすくなると言われています。

    全く飲まない・まったく吸わないというのは飲酒や喫煙をする人にとっては大変なことですが、アルコールやタバコの量を抑えた方がいいのは言うまでもありません。

    ・ストレス

    ストレスで薄毛になるというのは、若い年齢でもよくある話です。

    過剰なストレスを感じてしまうと自律神経の乱れが起こり、血行不良が悪くなる傾向にあります。

    血液の循環が悪くなるということは頭皮にも影響が発生し、髪に必要な栄養素が届かなくなるため毛根がやせ細り、抜けやすい髪の毛になったり、健康な髪の毛が育たなくなってしまいます。

    ・男性ホルモン

    近年は食の欧米化により、高カロリーな食べ物や脂っこい食べ物、ファーストフードなどを食べる機会が増えました。

    カロリーの高い食べ物などはホルモンバランスが乱れる原因になります。

    ホルモンバランスが乱れると男性ホルモンが過剰に分泌されるようになり、皮脂の分泌量が増えることで頭皮の環境が悪くなる、と考えられています。

    さらに頭皮環境が悪くなるとヘアサイクルが乱れてしまうので、新しい毛髪が生えにくい状態になり、結果的に薄毛になってしまいます。

    髪の毛は早期・後期成長期から退行期、休止期となって髪の毛が抜けるのですが、男性ホルモンが過剰に分泌されると、この周期が乱れてしまい薄毛が進行しますので注意しましょう。

    ・遺伝

    AGAは遺伝子にも関係していると言われています。

    そのため自分の両親や母方の家系に薄毛の人がいる場合は、AGAを発症する確率が高いと考えられます。

    親から子へ遺伝で引き継がれやすいものとしては「5αリダクターゼの活性度」や「男性ホルモンレセプターの感受性」があります。

    活性度が高いとジヒドロテストステロンを過剰に生成する体質になるため、AGAを発症しやすくなるのです。

    ボリュームがなくなってきたと感じたときは早めに対策を施しましょう。

    若いうちにAGAになった場合の対策

    AGAは早期に対策を行うことが大切です。

    対策を行うのが遅くなると薄毛や抜け毛の悩みがどんどん大きくなり、おでこの生え際や頭頂部が薄くなることもあります。

    対策方法としては生活の改善や頭皮マッサージ、ストレス発散や育毛剤などを使った頭皮ケアなどが良く、正しいヘアケアを行えば抜け毛を予防することも可能です。

    AGAになると地肌が見えて髪型やヘアセットが決まらなくなったり、パーマをかけるとダメージを受けるなど悩みの種が増える原因にもなります。

    対策が遅くなると薄毛が全体に広がってしまうこともあるので、部分的にケアするというよりは生活や運動不足などを見直した対策を心がけましょう。

    ・食生活や運動不足などの生活の改善

    食生活の見直しをする際は高カロリーなものや脂っこい食事を避け、髪の毛の成長に繋がるものを食べたり、偏食がちの人はバランスの良い食事を意識する必要があります。

    薄毛や抜け毛に効果的な食べ物については、ビタミンやタンパク質、亜鉛などが豊富に含まれているものが良いと言われています。

    ビタミンには過剰な皮脂の分泌を抑制する効果や、新陳代謝の促進を促す働きが期待できます。

    運動不足は軽くジョギングをしたり、ウォーキングをするのがおすすめで、健康やダイエットだけでなく薄毛にも効果的であることが分かっています。

    運動をすることでホルモンバランスの乱れが解消され、血液の循環を促進させるので頭皮環境も改善します。

    結果として髪の毛の成長に必要な栄養素が届くようになり、抜け毛予防にも効果的です。


    さらに食事や運動を改善するのであれば、睡眠についても改善しておいた方がいいでしょう。

    髪が成長するように促す成長ホルモンはゴールデンタイムに活発になります。

    夜の10時までには寝られるようにスマホやテレビなどを切り、リラックスした状態でベッドに入って横たわりましょう。

    生活スタイルが変われば徐々に抜ける髪も減っていき、新たな髪の毛が生えてくることでしょう。

    ・頭皮マッサージ

    AGAは頭皮の血行が悪くなることから引き起こされるので、頭皮マッサージをして血液の循環を良くすることも方法のひとつです。

    頭皮マッサージをするときは生え際や頭部だけでなく、頭全体を刺激するのがポイントです。

    頭全体の血行不良が改善されれば、髪の毛の成長に必要な栄養が隅々まで届くので、血行不良が起こりやすい頭頂部や生え際の薄毛も改善できるでしょう。

    ・ストレス発散

    ストレスは抱えないようにしていても、仕事や日常生活などで知らないうちにストレスを抱えることもあるため、時には発散させる必要があります。

    ストレスの発散法については人それぞれですが、スポーツをして汗を掻いたり、趣味に没頭するのも良いでしょう。

    自分にピッタリなストレス発散法を見つけることで過剰なストレスを抱えることもなくなり、ストレスから始まる薄毛を解消できます。

    ・育毛剤などのシャンプーを使ってみる

    食生活や運動不足の改善、頭皮マッサージなど段階を踏んでも抜け毛が改善されないと、症状が進行してしまいます。

    その際は、市販で購入できる育毛剤やシャンプーなどを使って独自で頭皮のケアを行いましょう。


    市販で販売されている育毛剤やシャンプーは比較的価格が安価で手に取りやすく、抜け毛を防いだりかゆみを抑える有効成分が配合されています。

    頭皮にかゆみが発生しているということは頭皮トラブルが起きている可能性が高いので、自分がケアしやすいタイプのものを選びましょう。

    育毛剤には男性用・女性用があり、乾燥肌や敏感肌向けに作られたアイテムもあります。

    薬用シャンプーでも色々なタイプがあるので、実際に使って使用感や効果を実感できるかチェックしてみましょう。


    育毛剤やシャンプーを使ったときは初期脱毛が起こりますが、それ以降は抜け毛が安定し、新たに健康的な髪の毛が生えてきます。

    髪の毛に変化を感じられたときは継続して使ってみましょう。

    育毛剤などを使って頭皮をケアするときはスプレータイプもおすすめで、お風呂上りに気になる部分に直接アプローチすることができます。

    皮脂などの汚れがキレイに落ちた頭皮は有効成分が毛根に浸透しやすくなるので、スプレータイプも併用して頭皮ヘアを行いましょう。

    ・AGAクリニックにて診察を受ける

    育毛剤やシャンプーなどを継続して使ってもあまり効果を実感できなかったときは薄毛が進むことになり、どんどん髪の毛がなくなってしまうと不安に感じることもあります。

    市販で販売されている育毛剤などは医薬部外品であり、有効成分が高濃度に配合されているわけではないため、十分な効果が期待できないこともあるのです。

    そんなときは、AGAクリニックで診察を受けるといいでしょう。

    AGAクリニックでは外用薬や内服薬などを処方してもらえますし、脱毛症の治療を行うことが可能です。

    AGAは治療を開始したのが早ければ早いほど治療期間も短くなるので、医療機関を訪れるのは不安もあるとは思いますが、専門のクリニックを受診してみましょう。

    eLifeができること

    eLifeでは、オンラインAGA発毛治療を行っています。

    専門の医師の診察料や処方してもらった薬の送料は無料で、アフターケアも充実しているので安心できます。

    AGAの医療機関に行くのは人の目があり、周りの人にバレないか不安だと思う人も、オンラインなので周りの人に通院していることを知られる心配がなく、治療に専念できます。

    仕事などでなかなか病院に行く時間がないというときも、オンラインなので空き時間などを利用して受診することが可能です。

    eLifeのプランは「発毛実感プラン(ミノキシジル)」や「発毛予防プラン(フィナステリド)」、「薄毛予防プラン(デュタステリド)」や「発毛総合プラン(ミノキシジル+フィナステリド)」、「発毛総合プラン(ミノキシジル+デュタステリド)」の5つから選べます。

    処方される薬は有効成分の配合量が多いので副作用が出てしまうこともあるのですが、カスタマーサポートにていつでも対応してもらえます。

    仮に副作用が出たとしても安心して利用できます。

    AGAの原因と対策について解説させていただきました。

    AGAは年代に関係なく睡眠不足や偏食、運動不足など生活習慣が乱れたり、ストレスや男性ホルモン、遺伝などが原因で引き起こされます。

    薄毛や抜け毛に悩んでいる人は何かしらの原因で血流の流れが悪くなっている可能性があり、そのままにしていると症状が悪化しますので注意しましょう。

    対策方法としては市販で販売されている育毛剤やシャンプーなどを使うのも良いですが、近年はSNSなどでオンライン診療が注目されています。


    オンライン診療であれば周りの目を気にしたり、病院に入るのを見られたりする心配もないため治療に専念することができ、通院しながら治療を受けるよりも安い価格で薄毛治療を受けることができます。

    薄毛や抜け毛で悩んでいる人は、eLifeのオンラインAGA発毛治療を検討してはいかがでしょうか。