eLife for Aga
再診の方
Menu

編集者

目次

    更新日: 2022.06.23
    はげ(薄毛・抜け毛)の原因はAGA?原因と治療法を詳しく解説

    はげ(薄毛・抜け毛)の原因はAGA(男性型脱毛症)の可能性があります。薄毛・抜け毛の進行状態から原因と治療法を詳しく紹介します。

    はげ(薄毛・抜け毛)の主な原因

    薄毛や抜け毛で悩んでいる方の多くはAGAが疑われますが、はげの原因は多岐にわたります。

    人それぞれ原因が異なりますので、まずは薄毛や抜け毛の原因を探り、それに合わせて対処することが重要です。

    ただ、AGAは少しずつ進行していく方も多いため、場合によっては本格的なはげ治療も検討しましょう。

    遺伝によるもの

    AGAの原因として、もっとも多いと言われているのが遺伝です。

    はげは遺伝すると聞いたことがある方もいるかと思いますが、決して迷信や都市伝説などではありません。

    親や祖父がはげだった場合、その遺伝を引き継いで自分も薄毛・抜け毛で悩まされる可能性があります。

    遺伝によってAGAになる方は、頭皮の酵素が多いかアンドロゲンレセプターの感受性が高いと言われています。

    いずれにせよ、親や祖父が薄毛の方は遺伝を疑ってみましょう。

    遺伝が原因の場合、クリニックなどで薄毛治療を受けてみるのがおすすめです。

    ホルモンバランスの乱れ

    はげを引き起こす原因には、ホルモンバランスの乱れもあります。

    特に注意しておきたいのが男性ホルモンで、テストステロンが増加した結果、薄毛になってしまう方もいます。

    男性ホルモンの一種であるテストステロンは、5αリダクターゼと結びつくとジヒドロテストステロン(DHT)という物質に変換されます。

    このDHTは毛根の成長サイクルを短くする働きを持っており、毛髪が育つ前に抜けたり、髪が細くなったりする原因になるのです。

    テストステロンの分泌量は個人差がありますが、はげの原因を生み出すことに注意しましょう。

    ただし、極端にテストステロンを減らそうとするのも考えもので、ホルモンバランスを考慮する必要があります。

    テストステロンは筋肉の生成に欠かせないうえ、減少すると男性更年期障害の原因になります。

    頭皮の血行不良

    頭皮の血行不良も薄毛の原因になると言われています。

    私達の体は血液を通じて各所に栄養が運ばれていますが、血の流れが悪くなると栄養が行き届かなくなる恐れがあります。

    特に頭皮は元々栄養が運ばれにくいため、血行不良が起きると髪の成長に必要な栄養が不足する場合があるのです。

    髪が栄養不足になると細くなり、抜けやすくなるリスクが高まります。

    血行不良を招く原因は様々ですが、血の巡りが悪い方は薄毛・抜け毛に注意が必要です。

    生活習慣の乱れ

    生活習慣も薄毛や抜け毛を招いてしまう場合があります。

    例えば、毛髪は睡眠中に成長すると言われていますが、睡眠が足りていないと毛髪の成長の機会がなくなってしまいます。

    食生活が乱れてしまうと毛髪の成長に必要な栄養が足りなくなりますし、飲酒や喫煙がホルモンバランスを乱すこともあります。

    生活習慣は体の健康と密接に関わっていますが、毛髪の成長にも関わっていることを意識しましょう。

    必要なら生活習慣を一度見直し、毛髪に過度な負担をかけないようにすることが重要です。

    過度なストレスによるもの

    ストレスがAGAを招いてしまうケースもあります。

    多少のストレスは体に不可欠ですが、過度なストレスはホルモンバランスを乱してしまうリスクがあるのです。

    ストレスは体内の活性酵素を増やし、亜鉛を減少させてしまう場合もあります。

    亜鉛はケラチンという物質の生成に関わっていますが、このケラチンこそ毛髪の主成分なのです。

    そのためストレスが様々な要因で毛髪に影響し、薄毛や抜け毛を招く可能性があります。

    自分でできる対策

    いずれにしても、はげやAGAをそのままにしておいてはいけません。

    一日でも早い対策が進行を遅らせ、薄毛や抜け毛の改善に繋がるのです。

    諦めている方も中にはいると思いますが、自分でもできる対策は様々あります。

    少しでも気になり始めたら、以下で挙げる対策を行いましょう。

    生活習慣を改善してみよう

    薄毛や抜け毛が気になり始めた方は、まず生活習慣の見直しと改善をおすすめします。

    不規則な生活が続いていたり、睡眠時間が足りていないことはないでしょうか。

    もし心当たりがある場合は、少しずつでも改善に取り組んでいきましょう。

    生活習慣を正すことで毛髪の成長機会が増え、はげやAGAの改善に繋がる可能性があります。

    食生活の改善もおすすめ

    生活習慣だけではなく、食生活の改善にも取り組んでみましょう。

    普段外食が多い方やコンビニの弁当、インスタント食品などを食する機会が多い方は特に注意が必要です。

    こうした食生活は栄養バランスが偏ってしまい、毛髪に必要な栄養が不足してしまう恐れがあります。

    自炊が難しいとしても野菜を積極的に食べる、肉だけでなく魚や海藻も取り入れるなど、バランスを意識してみましょう。

    過度な飲酒や喫煙を控える

    はげやAGAで悩んでいる方は、過度な飲酒と喫煙を控えるべきです。

    飲酒は適量なら問題ありませんが、飲みすぎは毛髪の成長に必要な栄養を分解し、DHTを増やす恐れがあります。

    喫煙は一部の栄養を破壊するほか、血液の流れを悪くしてしまいます。

    長期的に薄毛・抜け毛に影響を及ぼしかねないため、アルコールは少量にして禁煙を始めてはいかがでしょうか。

    こまめにストレスを発散する

    薄毛や抜け毛にとって、ホルモンバランスを乱すストレスは大敵です。

    体質的に溜め込んでしまう方も多いと思いますが、こまめにストレスを発散する習慣を身につけましょう。

    ストレスを発散する方法は、趣味を楽しんだり、のんびり休日を過ごしたりするのがおすすめです。

    入浴やアロマもストレス解消に最適ですので、可能なら取り入れてみることをおすすめします。

    育毛剤や発毛剤を使用する

    育毛剤や発毛剤の使用も検討しましょう。

    習慣を変えることも重要ですが、必ずしもAGAなどが改善されるわけではありませんし、実行するには時間がかかります。

    育毛剤・発毛剤は購入後すぐに使えるため、生活習慣などを見直すよりも手軽に始められます。

    ただ、生活習慣などの改善も重要ですので、並行して取り組むようにしましょう。

    育毛剤や発毛剤を使用する

    育毛剤や発毛剤の使用も検討しましょう。

    習慣を変えることも重要ですが、必ずしもAGAなどが改善されるわけではありませんし、実行するには時間がかかります。

    育毛剤・発毛剤は購入後すぐに使えるため、生活習慣などを見直すよりも手軽に始められます。

    ただ、生活習慣などの改善も重要ですので、並行して取り組むようにしましょう。

    クリニックでのAGA治療も検討を

    本格的に改善したいならクリニックへ通い、AGA治療を受けることも重要です。

    自分でできる対策も色々ありますが、クリニックでは専門のAGA・はげ治療を受けることができます。

    薬も処方してもらえますので、前向きに検討してはいかがでしょうか。

    はげ(薄毛・抜け毛)の主な治療内容

    薄毛や抜け毛、AGAでお悩みの方は、クリニックなどでのはげ治療をおすすめします。

    そこで、主なはげ治療の内容や方法について解説します。

    本気でAGAを治したい、専門的な治療を受けたいと考えている方は参考にしてください。

    ただし、最適な方法は薄毛や抜け毛の状態によりますので、一度カウンセリングを受けてみましょう。

    内服薬による治療

    もっともポピュラーなAGA治療の方法が内服薬です。

    現在はフィナステリドやミノキシジルなど、様々な薬があります。

    服用することでAGAなどの改善を目指す治療法で、最初は内服薬から治療をスタートすることも珍しくありません。

    多くのクリニックが対応しており、状態によって適切な薬を処方しています。

    ただ、副作用も見られるため、体質によっては合わない可能性もあります。

    外用薬を使用する治療方法もある

    薄毛・抜け毛の状態次第では外用薬を処方するクリニックなどもあります。

    外用薬を用いるはげ治療も一般的で、主にミノキシジルを用いた治療法が取り入れられています。

    しかし外用薬も副作用がゼロではなく、頭皮のかゆみやフケの増加、炎症などの症状が出る方もいます。

    不安がある方は一度パッチテストを行ったり、医師に相談したりすると良いでしょう。

    成長因子の注入療法

    AGAの治療方法として注目を集めているのが成長因子の注入療法です。

    育毛メソセラピーとも呼ばれており、薄毛に有効な成分を頭皮に直接注入する治療方法を言います。

    内服薬や外用薬とは違い、定期的にクリニックへ通院しなくてはいけないのがネックと言えます。

    一方、内服・外用薬で効果が薄い時は、成長因子注入療法を推奨するクリニックもあります。

    自毛植毛

    AGAなどのはげ治療では、自毛植毛を行うケースもあります。

    自毛植毛は、後頭部などの髪を薄毛・抜け毛が気になる部分へ移植する方法です。

    自分の毛髪を植毛するため拒絶反応などのリスクが低く、安全な手段とされています。

    ただし、他の方法に比べて費用がかさむため、出費が気になる方には適しません。

    服用する薬の効果・金額

    AGAなどのはげ治療は、内服薬や外用薬による治療が一般的です。

    そこで、はげ治療に使用されている主な薬の効果・金額を解説します

    ミノキシジル(内服薬・外用薬)の効果と金額

    AGA治療でポピュラーな薬がミノキシジルです。

    ミノキシジルは内服薬と外用薬があり、いずれも血管を拡張させて血流を改善させる効果があります。

    値段はクリニックによるものの、内服薬が月6,000~10,000円前後、外用薬が5,000~15,000円程度です。

    プロペシアの効果と金額

    ミノキシジルと並び、クリニックでよく処方されている内服薬がプロペシアです。

    主にフィナステリドという成分を配合しています。

    プロペシアはヘアサイクルを正常化することを目的にしており、脱毛やAGAの進行を抑制する効果があります。

    価格も手頃で、1ヶ月あたり3,000~8,000円ほどで処方してもらえます。

    デュタステリド(ザガーロ)の効果と金額

    ザガーロは、プロペシアの効果が出ない方に処方する場合が多い内服薬です。

    デュタステリドという成分を配合しており、5αリダクターゼの働きを抑え、DHTの生成を阻害する効果があります。

    ザガーロの価格は1ヶ月あたり10,000円ほどですが、現在はジェネリックも販売されています。

    eLifeのオンライン診療の流れ

    クリニックへ行けば内服薬や外用薬を処方してもらえたり、成長因子注入療法などを受けたりできます。

    しかしクリニックへ通うのが恥ずかしい、近隣にクリニックがないという方もいるかと思います。

    そのような時は、eLifeのオンライン診療を検討してはいかがでしょうか。

    クリニックへ通院することなく、はげ治療できるのが魅力です。

    そこで、eLifeでオンライン診療を利用する流れを解説します。

    会員登録して問診票を記入する

    eLifeのサイトへアクセスしたら、会員登録を行いましょう。

    会員登録後、表示された問診票の内容を記入すれば、オンライン診療を受ける準備が整います。

    問診票の内容はとても重要ですので、間違えないように注意が必要です。

    オンライン診療を受ける

    問診票を記入したらオンライン診療を予約し、医師によるカウンセリングや診察を受けましょう。

    オンライン診療は通院する必要がなく、自宅で全て完結します。

    プライバシーにも配慮しているため、安心して診療を受けられると思います。

    自宅で薬を受け取る

    オンライン診療を受けた後は薬を受け取りましょう。

    所定のクリニックへ足を運んだり、薬局へ行ったりする必要はありません。

    薬は自宅まで配送してもらえますので、運送業者の配送を待つのみでOKです。