eLife for Aga
再診の方
Menu

編集者

目次

    更新日: 2022.06.23
    薄毛・抜け毛治療の病院選びなら。オンライン診療のeLifeクリニック

    薄毛や抜け毛の悩みを他人に相談することが難しい方も多いです。elifeではオンラインで診療しており、周囲にバレずらいので、お悩みの方はまずオンライン診療を検討してみてください。

    薄毛・抜け毛の原因

    薄毛と抜け毛の違い

    薄毛の原因は、ヘアサイクルの乱れによるものが大きいです。

    髪の毛は成長初期、成長期、退行期、休止期の4つのサイクルを経て、生成から抜け毛に至ります。

    これをヘアサイクルと呼び、このヘアサイクルによって髪の毛の量や太さは維持されています。

    基本的にヘアサイクルが正常に保たれていれば、薄毛になることは無いとされています。

    薄毛の原因

    一般的に正常でも1日に50~100本程度の髪の毛が抜け落ちます。

    薄毛は髪の毛が十分に伸長しなかったり、太い髪が形成されないと本来の髪の毛よりも弱く細い髪の毛となってしまいます。

    しかしヘアサイクルが乱れると成長期が短くなり毛根自体の形成が不十分になることで抜け毛本数が一般的な正常時よりも増え、薄毛に繋がります。

    成長期が不十分だと髪の毛は細くなり、本数自体に変化がなくても薄毛に見られるケースもあります。

    薄毛のタイプ

    薄毛にも色々とタイプがあります。

    例えば、O字、M字、U字ハゲは男性特有のAGAと言われています。

    そしてフケと抜け毛が増える粃糠性脱毛症、頭皮がべたつく脂漏性脱毛症、頭皮に負担をかけることで起こる牽引性脱毛症、髪の毛全体が薄くなる女性特有のFAGA、円形や楕円形に髪の毛が抜ける円形脱毛症です。

    抜け毛の原因

    抜け毛は、成長を終えて抜け落ちた髪の毛の事を指します。

    そもそも髪の毛は永遠に生え続けるものではなく、通常は休止期を迎えた髪の毛は自然に抜けます。

    この抜け毛自体は、髪の毛が生えた後に抜けるというヘアサイクル上問題が無い事です。

    しかしAGAが原因の抜け毛があるように、自然に抜ける健康的な抜け毛と薄毛につながる良くない抜け毛が存在します。

    抜け毛の状態

    自然に抜ける健康的な抜け毛は、毛根がしっかりしていることが特徴です。

    毛根は少し膨らみを帯びており、全体像としてはマッチ棒のような形をしています。

    薄毛に繋がる抜け毛は、本来成長期を経て太く長く成長します。

    しかし毛根が細く髪の毛が細い状態になると、成長期が短くなっている可能性があります。

    毛根に膨らみがない毛は、毛根・髪の毛が細い場合と同様に成長期が短い可能性があります。

    毛根がべたついている毛は皮脂が過剰に分泌されている可能性が高く、頭皮環境が悪化していることがあります。

    毛根が真っ黒の場合は、髪の毛に栄養が行き届いていない場合や血行不良の可能性があります。

    薄毛・抜け毛の年齢

    薄毛や抜け毛は、性別や年齢によって異なります。

    この理由の一つに食生活や社会的環境など様々な要因があります。

    年代別で薄毛の原因を見ると男性の場合、30代以下ではストレスや生活習慣、40代ではストレスや生活習慣/AGA、60代以降になるとヘアサイクルの衰え/生活習慣の変化/AGAとなります。

    女性の場合は、30代以下ではストレスや生活習慣、40代では更年期による女性ホルモンの減少、60代以降になると女性ホルモンの大幅な減少/身体機能の衰えとなります。

    30代男性の薄毛の原因

    30代の薄毛の原因は、日頃の生活習慣やストレスが主と考えられます。

    具体的には、暴飲暴食や偏食、睡眠不足などの生活習慣の乱れがホルモンバランス、自律神経の乱れに繋がり、頭皮環境の悪化を招きます。

    40代男性の薄毛の原因

    40代の薄毛の原因は、身体的な衰えや慢性的な疲労感が大きいと考えられます。

    特に40代は働き盛りの年代なので、仕事の多忙さによる疲労が生活習慣の乱れやストレスの引き金となる事でしょう。

    薄毛の原因としては30代以前と大きく変わらないですが、これまでの蓄積と回復能力が低下する年代なので、よりストレスや生活習慣が顕著に頭皮環境に現れ始めると考えられます。

    中にはAGAを発症する方も増え始めます。

    60代男性の薄毛の原因

    60代以降になると老化により、ヘアサイクルの衰えが出てくると考えられます。

    特に60代は細胞の働きが衰えて髪が生えにくくなり、定年などで生活習慣の変化が起きやすい年代です。

    加齢により食が細くなり、頭皮へ十分な栄養が届かなくなって薄毛になる可能性があります。

    30代女性の薄毛の原因

    30代の薄毛の原因は、日頃の生活習慣やストレスが主と考えられます。

    若い女性によく見られる傾向ですが、無理なダイエットは栄養不足による薄毛を引き起こす可能性がありますので気を付けましょう。

    20代、30代は結婚、出産、育児などによって生活環境が大きく変わると共に身体も変化します。

    中でも出産後はストレスを抱えたり、女性ホルモンが減少するなどもあり、薄毛になるケースが増えます。

    40代女性の薄毛の原因

    40代の薄毛の原因は、女性特有の更年期を迎え、髪の毛にハリやコシを与える女性ホルモン「エストロゲン」の分泌量が減り始める年代です。

    エストロゲンの減少は髪の毛の成長期が短くなり、ヘアサイクルに影響を及ぼします。

    そのため場合によっては髪の毛自体が細くなったり、色素が薄くなることもあります。

    60代女性の薄毛の原因

    60代以降になると老年期とも呼ば��る時期となり、女性ホルモンの分泌がほとんど無くなります。

    女性も男性ホルモンを分泌しているのですが、女性ホルモンが減少するとこれに追従して男性ホルモンの影響を受けるようになります。

    ただ女性の薄毛は男性と違って部分的ではなく、全体的に薄くなる特徴があります。

    薄毛となるその他の原因

    薄毛となる原因も様々です。

    例えば、喫煙による血行不良、ビタミン不足や性格が関係する事もあります。

    中でも喫煙はタバコに含まれるニコチンによって血管を収縮させる働きがあるため、髪の毛の成長が抑制され、抜け毛が増える原因になります。

    喫煙習慣は、ビタミンCの吸収率を低下させる事が分かっています。

    一般的にタバコを1本吸うと、1日に必要となるビタミンC量100mgの約半分を消費すると言われています。

    このビタミンCが体内から減る事で、頭皮に悪影響を与える可能性があります。

    薄毛・抜け毛治療の病院の選び方

    病院に行くなら専門のクリニックか皮膚科に行くと言う選択肢があります。

    一般的に専門クリニックの方が何となく良さそうに感じやすいですが、専門のクリニックと皮膚科には、それぞれメリットやデメリットがありますので自身に合う病院を選ぶようにしましょう。

    専門のクリニックのメリット・デメリット

    専門のクリニックを受診するメリットとしては、毛髪や頭皮に関する深い知識を持つ医師が多い事、皮膚科で治療が難しい抜け毛や薄毛の専門的な治療に対応できる点が大きいです。

    薬を用いた治療だけではなく、育毛のためのアドバイスをもらえる場合もあります。

    他にも育毛剤や発毛剤、ヘアケア商品を多く扱っているというのも強みです。

    デメリットは、病院自体の数が皮膚科に比べて少ない点、他の病気の治療と合わせて行うのが難しい点でしょう。

    皮膚科のメリット・デメリット

    皮膚科で受診するメリットは、髪の毛や頭皮だけでなく全身の皮膚を診察する事ができることです。

    病院数が多く通いやすい事、抜け毛や薄毛以外の病気も診てもらえる事が大きいです。

    デメリットは、薄毛治療を取り入れていない場合が多く、専門的に行っているわけではないため、治療方法の選択肢や処方できる薬の種類が専門のクリニックより少ない傾向にある点です。

    病院を選ぶポイント①場所

    一番のポイントは、通いやすい場所にあることです。

    薄毛・抜け毛になると継続した治療を行う必要があるため、通いやすい場所にあることはとても大切です。

    有名な病院や特定の病院の場合は近ければ良いのですが、場所が遠いと移動に長時間かかったり、交通費が高額になったりとリスクが高まります。

    そのため無理なく通えるかが重要と言えます。

    病院を選ぶポイント②料金

    料金面も病院を選ぶ際に重視したいポイントです。

    ただ安ければ良いという事ではなく、治療をして納得して支払えるかという点が重要です。

    特に料金プランの内訳がわからない、同じ症例を治療している方の写真がなかったりと疑問に感じる場合は注意が必要です。

    自由診療の場合は、クリニックが独自に金額設定ができるため、料金が大きく異なる場合は注意です。

    他にも特定の高額な治療を勧めてきたり、詳しい説明をしないまま過度に不安を煽って決断を急がせる病院は絶対に止めましょう。

    病院を選ぶポイント③費用対効果

    実績を確認できると、その病院で治療を始めるモチベーションに繋がります。

    特に治療内容と期間、患者の口コミや治療満足度などがあれば、判断のポイントとなる事でしょう。

    基本的に薄毛や抜け毛は投薬での治療が一般的となりますが、注射や植毛などの施術がある専門クリニックもありますが、もし投薬以外の施術がある場合は治療の選択肢が広がる事でしょう。

    運営期間は、長いとそれだけ多くの患者を診療してきた実績もあると思いますので、これも判断基準となります。

    eLifeの特徴

    eLifeでは、AGA治療など特殊な治療を受けたい方のためにオンライン診療での受診が受けられます。

    eLifeの特徴として診察日時の予約ができ、ビデオ通話が苦手な人は電話やメールでの対応も可能です。

    またeLifeでは、遠くにある病院にわざわざ足を運ばずに受診ができ、医師のオンライン診察の後にフィナステリドやデュタステリド、ミノキシジルといったAGA治療薬を自宅に送ってもらえるサービスも充実しています。

    そのため処方箋を持って薬局に行く必要もないのでプライバシーも守られ、手間がかからないのが強みです。

    オンライン診療

    eLifeは医師とのオンライン診療の後、AGA治療薬が処方されます。

    自宅などから楽に受診できるため、近くに医療機関がない人でも気軽に利用できます。

    診察時間は事前に予約する方式のため、待ち時間がほとんどありません。

    そして診察は、最短で5分、質問があれば何でも受け付けてくれるので、AGAクリニックに通うのが難しい多忙な人などでも無理なく受けられます。

    AGA治療薬を自宅等に配送

    elifeでは、医師の診察のもと処方されたAGA治療薬が宅配便で送られてきます。

    そのため処方箋をもって薬局に行く必要がありません。

    AGA等の治療は個人差がありますが、非常に長くなる場合があります。

    薬使用期間では、開始3~4ヶ月目で78%、4~6ヶ月目で99.4%の発毛実感率となります。

    まとめ買い/定期購入でお得になる

    eLifeのAGA治療は自由診療となるため、医療費が全額自己負担となります。

    つまり健康保険を使うことができないのです。

    ただ医療費の負担を減らすために医師の診察やカウンセリングは無料となっています。

    薬代も毎月継続して配送する定期購入、半年分、1年分をまとめて購入することで、都度の購入よりも安くできるテクニックもあります。

    オンライン診療の流れ

    診療を受けられるケース

    オンライン診療を受けられる方は、基本的に診断や処方が医師の責任のもとで医学的に可能であると判断した範囲となります。

    個人確認が取れるクレジットカードや、携帯電話の決済システムを使って支払いができることも必要です。

    電話診療ではクレジット支払いができないので、後で支払いに行く、銀行振り込みといった方法を選択できる場合もあります。

    診療を受けられ���いケース

    オンライン診療では、触診ができないため圧痛、怪我など正しく医学的判断する事が難しいケースは受診する事ができません。

    特にだんだん悪くなっている、容態が急変しているなどの緊急性がある場合は対面診察にした方が良いでしょう。

    オンライン診療

    オンライン診療を行う場合、オンライン診療を行ってくれる医療機関で予約を行う必要があります。

    予約方法は医療機関によってそれぞれ異なるため、受診先に問い合わせる必要があります。

    そして予約した時刻になると医療機関から連絡が来て、オンライン診療の開始となります。

    その後、本人確認と「問診→視診」と問診を中心にどんな状態か「診断→診察料」、処方箋料などの提示された金額を「決済→処方薬」を受け取る流れになります。

    医療機関と薬局で連携がされている場合は、医療機関から薬局に処方箋が送信され、自宅に薬が送られるシステムとしているところもあります。

    受診方法

    オンライン診療は、パソコンだけでなくスマートフォンでも可能です。

    医療機関によっては、事前にアプリのダウンロードを求められる場合もあります。

    eLifeクリニック

    eLifeクリニックでは非常に簡単にスマホ1つでオンライン診療を完結できます。

    アプリ不要のため誰でも簡単にいつでもどこでも最短5分で診療可能です。