eLife logo
再診の方
Menu

編集者

記事製作者
Kyoka Hayakawa

目次

    更新日: 2022.07.12
    EDの原因と治療法を医師が解説、適切な治療法に関してもご紹介|オンライン診療

    ED(勃起不全)の原因には次のタイプがあります。器質性・心因性・混合性の3つと、現在服用している薬の副作用などのパターンがあります。悩んでいるとそれがストレスになって治りにくいケースもあります。早めに医師へ相談しましょう。

    ED(勃起不全)の意味と原因

    最近よく耳にするEDは勃起不全とも言われ、その名の通り性的刺激を受けても勃起しない状態や、勃起状態が持続しない症状のことを指します。

    勃起には下記のような運動が必要となります。


    ・性的刺激により脳からの勃起信号を送る神経の働き

    ・陰茎の血流をコントロールする血管系の働き


    これらの働きのどちらか一方が悪くなることで、ED(勃起不全)が引き起こされるのです。

    これには精神面や心理的要因、心血管系疾患、肥満や運動不足、喫煙や生活習慣なども関係してきます。

    EDと言ってもその原因は様々で、その原因に応じた治療・対処法が必要です。

    ・器質性ED(動脈硬化・神経の障害)

    加齢に伴う動脈硬化や糖尿病・高脂異常症や脳出血などのような神経が障害される病気や手術、外傷、一部の泌尿器系の病気などにより引き起こされます。

    ・心因性ED(精神的なストレス)

    仕事や夫婦関係など、職場や家庭などでの日常生活におけるストレスや性交がうまくいかなかったなどのストレスによって引き起こされます。

    ・混合型ED(動脈硬化・神経障害・ストレス)

    動脈硬化の進行や、糖尿病・高血圧、外傷などのストレスにより、精神的な要素が加わることによって起こります。

    ・薬剤性ED

    一定の種類の薬剤により引き起こされるEDです。

    解熱剤や消炎鎮痛剤、筋弛緩薬、不整脈治療薬、利尿剤、降圧剤、消化性潰瘍治療薬の服用などが原因です。


    このように様々なことが起因となってEDを引き起こします。

    神経と血管の片方、あるいは両方が正常に機能しなくなることで、勃起に必要な陰茎海綿体への血流が不十分となり、血流の流れ込み不足によってEDを引き起こしてしまうのです。

    ED診断チェック

    デリケートな悩みでもあり、EDを疑ったとしてもなかなかクリニックへ受診することをためらってしまう場合もあると思います。

    そんな時には、下記の自己診断チェックを行ってみると良いでしょう。

    ・勃起をした状態で、それを維持する自信はどれくらいありましたか

     1,非常に低い

     2,低い

     3,中くらい

     4,高い

     5,非常に高い

    ・性刺激によって勃起状態となった場合に、どれくらいの頻度で挿入可能な硬さになりましたか

     0,性的刺激はなかった

     1,ほとんど、もしくは全くならなかった

     2,たまになった(半分よりかなり低い頻度)

     3,時々なった(ほぼ半分の頻度)

     4,しばしばなった(半分よりかなり高い頻度)

     5,ほぼいつも、もしくはいつもそうなった

    ・性交の際に、挿入後にどれくらいの頻度で勃起を維持できましたか

    0,性交を試みなかった

    1,ほとんど、もしくは全く維持できなかった

    2,たまに維持できた(半分よりかなり低い頻度)

    3,時々維持できた(半分程度の頻度)

    4,しばしば維持できた(半分よりかなり高い頻度)

    5,ほぼいつも、もしくはいつも維持できた

    ・性交の際に、性交を終了するまで勃起を維持するのはどれくらい困難でしたか

    0,性交を試みなかった

    1,極めて困難だった

    2,とても困難だった

    3,困難だった

    4,やや困難だった

    5,困難ではなかった

    ・性交を試みた際に、どれくらいの頻度で性交に満足できましたか

     0,性交を試みなかった

     1,ほとんど、もしくは全く満足できなかった

     2,たまに満足できた(半分よりかなり低い頻度)

     3,時々満足できた(ほぼ半分の頻度)

     4,しばしば満足できた(半分よりかなり高い頻度)

     5,ほぼいつも、もしくはいつも満足できた


    上記の問診で、それぞれの設問の答えの数字の合計が21点以下であればEDを疑い、受診を検討してください。

    勃起の有無や勃起状態の持続性、頻度、満足度などEDの原因について総合的に判断することができます。

    合計点が高いほどEDの可能性は低くなります。

    タイプ別EDの解決策

    EDには、様々な対応があります。

    そのタイプに応じた治療法や対処法があり、セルフケアで改善する方法とクリニックで受診する方法が存在します。

    例えば、EDが比較的軽度である場合や血管系や神経系の病気ではない場合には、セルフケアによって、その症状を改善することが期待できます。

    重要となってくるのが、運動、ストレス解消、禁煙、減量です。

    ・運動による勃起機能改善方法

    運動には、様々な効果が期待できます。

    そしてEDにも効果が期待されており、勃起機能が運動により改善されたという報告もあります。

    運動にも様々な種類がありますが、中でも有酸素運動には高い効果が期待されるとされています。

    有酸素運動というのは、ジョギングやウォーキング、自転車や水泳などがあり、生活に取り入れやすいので無理なく始めることができます。

    ・ストレスは心因性EDの大敵です

    現代社会において深刻な問題のひとつに「ストレス」があります。

    ストレスは様々なマイナートラブルを起こし、ストレスが病気を、病気がストレスを引き起こすという悪循環に陥ります。

    このストレスはEDにも深刻な影響をもたらします。

    特に20歳から40歳の若い世代に多いとされているのが、ストレスが原因で引き起こされる「心因性ED」です。

    特に思い当たる節がないのにEDの症状が気になるという場合には、このケースが疑われます。

    ストレスは自覚症状がないものも多く、無意識のうちに溜め込んだストレスが勃起不全の症状を引き起こしている場合もあります。

    ストレスをためないことは実は非常に大変なことなのですが、規則正しい生活を送るよう心がけ、上質な睡眠を取ったり、食事などにも気を使いましょう。

    それでも症状が改善しないときには、専門医に相談してみましょう。

    ・喫煙を見直してみる

    喫煙は健康に関して重大な影響を及ぼすということが知られていますが、実はEDにも影響を及ぼしています。

    理由として、タバコに含まれているニコチンが血管を収縮させることにより、喫血流に影響を与えてしまうことが挙げられます。

    血行障害により、性的刺激を受けても陰茎への血流が悪くなります。

    血行不良は勃起不全の原因となっているのです。

    さらに喫煙は、男性ホルモンのバランスを崩してしまいます。

    男性ホルモンの減少は深刻なマイナートラブルを引き起こしますが、性欲現象にも直結しています。

    これらの理由だけでなく、健康的な観点からも喫煙に取り組みましょう。

    ・生活習慣病の改善、予防のために減量を行いましょう

    EDと肥満は、実は密接な関係があります。

    BMI値が30kg/㎡以上の人は、23kg/㎡未満の人よりEDになるリスクがおよそ1.7倍高くなる、というデータがあります。

    実は生活習慣病の方は、EDのリスクを高めると言われています。

    肥満は生活習慣病に直結します。

    運動不足改善や食生活の見直しなどを行い、減量をすることで生活習慣病の改善・予防に繋がりますので、肥満気味の方は減量を行うと良いでしょう。

    生活習慣病の予防はセルフケアでも可能ですが、発症している場合には専門医の指導が必要です。


    軽度の場合には、セルフケアが有効的です。

    このようなことに気をつけることで予防・改善が期待できるのですが、中等症以上の場合にはやはり専門的な治療が必要となります。

    EDは血管や神経系の損傷が最も気をつけるべきポイントなのですが、特に糖尿病や高血圧、脂質異常症には気をつけましょう。

    糖尿病は血糖値の値が高い状態が続き、このことで神経や血管に障害を受けます。

    そのため性的刺激が陰茎に伝わりにくく、血流が悪くなります。


    高血圧は陰茎海綿体の動脈が被害を受け、十分な血流を保てなくなります。

    脂質異常症は動脈硬化が進み、陰茎の血流が悪化してしまいます。

    クリニックでのED治療の場合には、バイアグラやレビトラ、シアリスなどの薬を処方してもらうことができます。

    個人輸入などでも入手可能ですが、類似品などには十分な注意が必要です。

    サプリメントなどを服用する際には、あくまで補助的なものであると理解しておく必要があります。

    eLifeのED治療は980円から

    EDに対する悩みはデリケートな問題でもあるため、クリニックを受診するのは少しハードルが高く、諦めている方もいるのではないでしょうか。

    しかし適切に治療を行えば、その悩みは軽減されるかもしれません。

    日本においては、3人に一人の割合でEDであると言われています。

    ただし、EDはどんなに「病気」と言っても男性としての自信や誇りとも直結しており、相談することが難しいジャンルです。

    一人で悩んでしまう悪循環にもなり兼ねず、そのことが原因でさらにストレスとなってしまう場合もあります。


    そんな時には、eLifeのオンライン診療があります。

    全てオンラインでプライバシーも厳守されるので、実際にクリニックを受診するストレスも緩和され、安心して診察を受けることができます。

    eLifeでは、クリニックと提携してオンライン診療のプラットフォームを提供しています。

    悩みに応じてオンライン診療を受けることで、最短で翌日にはお薬が自宅に届くサービスです。

    EDに使用する薬としてはバイアグラやレビトラ、シアリスなどが挙げられます。

    中でもバイアグラは陰茎の勃起を促進する効果が強く、効果発出までの時間が30分から60分と短いのが特徴です。


    しかも持続時間は4時間です。


    eLifeではED薬とは分かりにくく携行しやすいデザインで、水なしで服用できるフィルム対応のバイアグラも用いています。

    このフィルムタイプのバイアグラが、業界最安値レベルの一枚980円にて処方されます。

    しかも診察費は無料なので、無理なく継続することができます。

    プライバシーに配慮した診察になり、全てオンラインで問診票から薬の配送までが完結します。

    電話の場合でも3分とスピーディーなため、いつでもどこからでも他人にバレずに診療が可能です。

    料金プランはバイアグラのジェネリック薬であるシルデナフィルが1ヶ月ごとに10錠で8,100円からはじめられます。


    定期便のため毎月の手続きなども不要ですし、いつでも定期便のキャンセルが無料で行えます。


    シルデナフィル(バイアグラの後発品)

    1か月ごとの

    定期便

    50mg 10錠

    8,100円(税込)

    2か月ごとの

    定期便セット

    50mg 30錠

    23,000円(税込)

    まとめセット

    50mg 60錠

    44,800円(税込)

    バルデナフィル(レビトラの後発品)

    1ヶ月ごとの

    定期便

    20mg 5錠

    8,100円(税込)

    2か月ごとの

    定期便

    20mg 15錠

    23,000円(税込)

    まとめセット

    20mg 30錠

    44,800円(税込)

    タダラフィル(シアリスの後発品)

    1ヶ月ごとの

    定期便

    20mg 10錠

    12,000円(税込)

    2か月ごとの

    定期便

    20mg 30錠

    35,000円(税込)

    まとめセット

    20mg 60錠

    64,000円(税込)

    バイアグラODフィルム

    1ヶ月ごとの

    定期便

    50mg 10枚

    8,900円(税込)

    2ヶ月ごとの

    定期便

    50mg 20枚

    16,800円(税込)

    まとめセット

    50mg 40枚

    32,000円(税込)

    欲張りセット(2か月ごとの定期便)

    ODフィルム 3枚

    バルデナフィル 5錠

    タダラフィル 10錠

    21,000円(税込)